「膿取り豆」なたまめ茶 いびきがひどい人は試してみよう

自分ではなかなか気づきにくい「いびき」ですが、となりに寝ている家族の睡眠を邪魔してしまうほど大きな音を立ててしまっているということもありますよね。
たかがいびきと思われる方も多いでしょうが、うるさいほどの大きないびきには原因が潜んでいることがあります。
最も多いのは鼻づまりや疲労、飲酒などが原因でのどの周りの筋肉が緩むことによって起こるものです。
鼻づまりや鼻炎の症状が常日頃からある方などは、その症状を取り除くことでいびきを改善することが可能です。

ただし、家族の迷惑になってしまうほどのうるさいいびきが常時ある方は、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。
これはその名前のとおり、寝ている間に呼吸が止まる症状です。
寝ている間のことなのでなかなか本人も気づきにくく、検査や治療を受ける人が少ないのが問題となっています。

睡眠時無呼吸症候群の場合、「しっかり寝ているはずなのに昼間眠い」「集中力がない」「疲れやだるさが抜けない」などの症状があります。
ご家族からいびきがうるさいと注意を受けたことがある方は、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみるのが良いでしょう。

なたまめ茶がおすすめなのは、鼻水、鼻づまり、蓄膿症、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などの方です。
「膿取り豆」として民間療法としては江戸時代から利用されてきたなた豆。
お薬ではありませんから、即効性の効果はないかもしれませんが、普段のお茶をなたまめ茶に変えてじっくりと様子を見てみるのが良いでしょう。